本文へスキップ

稲毛区の整体院なら、マッサージファンにも大満足、肩こり・腰痛・骨盤矯正の「 ほぐし手

お電話でのご予約・お問い合わせはTEL.043-284-5225

千葉市稲毛区小仲台6-3-30  ※JR稲毛駅より徒歩約3分

年代別に多いひざ痛の症状


歩く時や走る時、立ち上がる時や座る時など、何度も何度も曲げ伸ばしを繰り返すひざ関節には、とても負担がかかります。普段歩く時にもひざには、体重の4倍〜8倍くらいの負荷がかかっています。ひざ痛は、ひざ関節への負担が限界を超えた時に、ひざ痛となって現れます。

ひざ痛の初期の頃は、ひざを曲げたり伸ばしたりする時に、多少の違和感として感じるようになります。少し動かすと痛いとか、少し動かしにくいという状態から、症状が悪化していくと曲げ伸ばしがつらくなってくるほどの痛みに変わってきます。一度痛みだすと動かすのがつらく怖くなり、そうするとますますひざは痛みが増し、動かしにくくなります。

ひざ痛は、年代や性別によって、症状が異なることがあります。50歳以上の方に多いのは、変形性ひざ関節症など、変性を原因としたことから起こるひざ痛が多くみられます。特に女性に多くみられます。男女で発症しやすい時期が異なり、男性は60歳以降、女性は50歳以降が発症しやすいとされます。他には女性に多いのが骨粗鬆症です。

 変性のひざ関節症の次に多いのが、関節リウマチなどによるひざの痛みで、20代〜40代の方に多くみられます。なかでも男性よりも女性の方が多いとされます。また、この年代の男性に多いのが痛風で、9割近くが男性とされています。
 20歳前後の若い世代に多いひざ痛は、激しいスポーツ・運動のしすぎによる半月板損傷などのひざ痛が多くなります。このように年代によって、ひざ痛の症状なども違ってくるのが、ひざ痛の特徴でもあります。








 ↑スマホの方は、タップすると電話できます↑