本文へスキップ

稲毛区の整体院なら、マッサージファンにも大満足、肩こり・腰痛・骨盤矯正の「 ほぐし手

お電話でのご予約・お問い合わせはTEL.043-284-5225

千葉市稲毛区小仲台6-3-30  ※JR稲毛駅より徒歩約3分

操体法について


 操体法とは、仙台の医師、故・橋本敬三先生が、西洋医学では症状のよくならない患者さん達が、町の鍼灸・按摩などの伝統医学・民間療法・東洋医学などで、症状がよくなっていく事実を受け止め、様々な民間療法等を勉強・研究した過程から、体は気持ちがいい方に動くことで、元の状態へ戻るようにできているという原理に気づき、まとめたものが操体法です。
 橋本先生は、様々な民間療法などを研究していくうちに、筋肉・骨格系のバランスが大事で、鍼灸・按摩などの伝統医学や、様々な民間療法・東洋医学が、体の歪みをとり、歪体から正体へと整復していることに気がつきました。


 
 しかし橋本先生は、筋肉・骨格系のバランスのみを考えることをせず、誰も肩代わりすることができない、必要最低限の自己責任行為があることにたどりつきます。それは、「息(深い呼吸)」「食(バランスのとれた栄養)」「動(理にかなった動き)」「想(おおらかな考え方)」の4つと、その人自身が置かれている「環境」をあわせた5つです。



 人間が心身ともに健康的で、よりよく生きていくいためには、「息・食・動・想」を自己責任のもとで、バランスよくおこなうことが最善であり、同時に自分自身が置かれている生活などの環境から、与えられる影響も大きく関係してきます。さらに、息・食・動・想は、どれか1つが悪くなると、他のものも悪くなり、逆にどれか1つがよくなると、他のものもよくなるという、「同時相関相補性」の関係にあります。


 
 つまり操体は、「息・食・動・想」をバランスよくおこない、自分自身に適した環境に身をおくことで、歪体から正体になり、本来人間が持っている自然治癒力が高まり、心身ともに健康的で、より快適に生きられるという考えに基づいています。



 
  また、人間には「原始感覚」というものが元々備わっています。その原始感覚とは、「気持ちがいいかどうか」「楽でいるかどうか」などの「快」を感じる行為となります。操体の施術では、主に「動」(動き)のなかで「快」の感覚を味わっていただきます。例えとして、ご本人の首、腕や脚などを軽く持ち上げると、それぞれが自然に動き始めます。その動きによって歪体から正体になり、体の歪みがとれていきます。また、原始感覚の「快」がよい方向に働くことで、息・食・動・想のバランスも整っていきます。原始感覚にゆだね、気持ちよさを味わうことが、操体の特徴でもあります。


 
 また、操体の施術には、「肩こりにはこの操法」「腰痛にはこの操法」という決まったものがありません。要は疾患別の操法はないということです。その時の体の状況に応じて、その時のバランス状態に応じて、その時その場で、最適な施術を行っていきます。様々な痛みの症状や原因は、全身のバランスが崩れたことから起こることがほとんどですので、感覚(原始感覚)にゆだね、気持ちよさを味わうことで、体が本来の状態に戻り、様々な症状は消えていきます。
 操体法は、体が気持ちよく動いていく方へゆだねていくことによって、歪みをとり、全身のバランスを整えていきます。
 ぜひ一度、操体法を体験してみて下さい。










 ↑スマホの方は、タップすると電話できます↑